• TEL: 0957-55-1808
  • 長崎県大村市にある工房です。


ケイム組み技法は、はH型の鉛にガラスをはめこんで組み上げていく昔ながらの方法です。

①~⑤までは、コパーテープ技法と同じです。

⑥制作する作品のガラスを並べた所。

⑦ケイムを使いガラスを組み込んでいきます。

  

⑧組み込み終了

  

⑨ハンダ付け作業に入ります。

⑩ハンダ付け作業終了

⑪ガラスとケイムの間にパテを詰めていきます。

⑫1~2日後にパテが硬化し出したら、はみ出しているパテを取り、ガラス面の掃除をします。
その後に、ケイムのラインをブラックパティーナで黒色に染色します。

⑬最後に洗剤できれいに水洗いをして、拭き上げ、ケイムのラインにワックスを塗り完成です。